ホームページ制作代行ビジネス

公開日:  最終更新日:2015/02/16

ホームページの制作経験のある方ならば、自分が制作まで請け負っても良いが、

全く制作経験が無いのであれば、比較的安く制作してくれるフリーランサーを雇うか、

あるいはホームページ制作代行を業務としている会社とタイアップして、

あなたが営業代行をするという手もある。

ただし、ホームページの制作を必要としているお客様が、会社なのか、店舗経営者なのか、

あるいは個人のサイドビジネス目的(アフィリエイトや週末副業目的など)のサイトなのかによって

ホームページに求められるレベルが大きく異なる。

どんなビジネスでも当てはまることだが、自分より知識も経験もある相手にビジネスはできない。

逆に言えば、あなたは相手よりも知識・技術面で半歩だけ先に進んでいればビジネスは成り立つ。

あなたのお客様は、あなたよりもホームページの知識の無さそうな人を選ばなければならない。

 

多くの場合、お客様のホームページを制作すると、お客様用のドメインとサーバー契約が必要になる。

レンタルサーバー会社はアフィリエイトプログラムを提供している所もあるので、もし可能であれば

自分のサイトにアフィリエイトリンクを設定しておき、お客様のサーバー契約代行時には、

自分のアフィリエイトリンク経由で申し込むようにする。

また、たいていはドメイン利用料とサーバー利用料は1年単位での契約なので、お客様との契約において

あなたが契約更新の代行を行うのであれば、代行手数料をいただくこともできる。

基本的にドメイン、サーバー契約をお客様が解約することは滅多にない。

従って、お客様がホームページを使い続ける限り、毎年必ず更新手数料を徴収できる。

契約申し込みとか、更新手続きのように面倒な作業は、お客様は自分ではやりたくないのである。

特にITに疎い人は、有料でもいいから誰か他の人にやってもらいたいと考える。

 

ホームページ制作ビジネスのキャッシュポイントをまとめると次のようになる。

【ホームページ開設時】

・ドメイン取得代行手数料

・レンタルサーバー契約代行手数料

・そしてサイト制作費

 

【契約更新時】

・更新手続き代行手数料

 

さらに、ホームページの文章・画像・写真を変更したいとの要望がお客様からあったら、

ホームページの修正費用を請求すればよい。

 

そして、ホームページを作っただけでは誰も見に来てはくれないので、集客のお手伝いも手数料をいただいて行うのである。
 
 

 2/25まで【ザ・ローンチ・30日間お試し】短期間で爆発的に売るテクニック

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑